ホーム プライバシー サイトマップ メール  
サービスリスト ニュース&トピック アクセス 店舗情報 ブログ
メールマップ枠

サービス一覧

 


営業時間 9:30〜19:00
日曜日・祝日は予約制
TEL&FAX 055-261-0080


   Quartz(クォーツ)ガラスコーティング

  新商品のご案内

  クォーツガラスコーティングFXを導入!施工を開始しました。
  新型触媒の採用により、
防汚性が一段と上がった商品に生まれ変わりました。
2009年8月24日千葉で行われた、施工研修セミナーに出席し早速導入しました。商品について詳しくはお問い合わせください。

施工研修セミナーの様子はこちらへ 

  有機質と無機質の違い

  ワックスやポリマー、ガラス系を含む出回っているほとんどのコーティングは有機系溶剤を塗り込む方法の撥水コーティングで紫外線や酸性雨などによる劣化も避けられません。クォーツガラスコーティングはパーヒドロポリシラザン有機物を一切含まない無機溶剤をスプレーコーティングすることで空気中の水分と化学反応を起こし劣化のない無機質の石英ガラス(SiO2)の膜に変化します。塗装表面をガラス膜で覆うことにより水を弾かない親水性ボディとすることで、ウォータースポットや水玉に巻き込む汚れもつきにくく、水洗いで汚れを落としやすくします)。本当のガラス膜は紫外線劣化がなく、酸にも強いので、有機物を成分としたガラス系のコーティングと比べ、圧倒的な耐久力も特徴です。

  Quartz(クォーツ)の特徴

  クォーツガラスコーティングには絶縁性や耐熱性、親水性など多くの優れた性能、性質があり、これらは汚れ防止、防錆、防カビ、防水、耐傷にいかんなく発揮されます。

01.スプレー工法専用
  スプレーガンでコーティングを噴き付け施工するので、手塗りと比べボディにムラなく均一にコーティングできるうえ、グリルやパネル隙間、ヒンジ廻りなど手が入らない箇所も隈なくコーティング可能です手の届かない隅々までコーティング可能です。
スプレー工法
※スプレーの距離感やスプレー圧、タイミングなど十分な知識と経験が必要であり、単に噴き付けるだけの施工では良い結果は得られません。

02.防汚性
  撥水効果を発揮する油成分の溶剤とは異なり、無機質のガラス膜で撥水しないボディを作り出します。親水効果に優れるガラスを利用しているので油性の汚れは寄せ付けにくく、仮に汚れが付いても簡単に水で汚れを洗い落とすことができます。
※左写真はホースで水をかけた時の親水イメージで降雨時のイメージではありません。
親水イメージ
03.表面硬度
  ワックスや表面の軟らかいコーティングは油汚れが吸収され水垢などの原因となります。クォーツガラスコーティングは最先端の表面硬度測定法で一般的なコーティングの約15倍の硬さであると実証されており、表面の汚れが入り込みません。


04.耐久性
  環境・用途により異なりますが、有機物を含むコーティング膜と比較すると、無機質の石英ガラス膜は劣化せず圧倒的な耐久性をあり、長期にわたってボディを入り込もうとする汚れから守ります。

  類似品にご注意ください!

  クォーツガラスコーティングとは異なる成分の液材や正規品ではない液剤で施工されるケースにはご注意下さい。クォーツガラスコーティングの発売元は『株式会社オアシス』です。正規品でないものをQuartzの名前で販売されトラブルの発生したケースが報告されています。またガラスコーティングとガラス系、ガラス質のコーティングは同じ種類のコーティングではないことをご理解下さい。

詳しくはこちらメーカーサイトへ

  お客様によるメンテナンス

 クォーツガラスコーティング施工後は定期的な水洗いの洗車だけで施工時の美しさがすぐに甦ります。洗車方法のポイントとして、最初に十分な水でボディに付いた砂などを除去してください。そして最後の水分は力を入れず軽くさっと拭き上げることです。強く擦ることでキズが入ってしまった場合、そこに汚れが入り込み美しさを半減させてしまうことになってしまいます。洗車回数は汚れの程度にもよりますので汚れてきたなと感じた頃に水洗い洗車をし、3回に1回の割合ほどでシャンプー洗いをを心がけることで美しさをお保ちいただけます。WAXの必要はありません。但し、ボディに付いた鳥糞に気付かれたらお早めに水でふやかして流してください。そのまま擦り取ると固いものが混じっていた場合キズの原因となってしまったり、放置することで型となって残ってしまう場合があります。また洗車時に取れない汚れやザラザラする小さな鉄粉が付いてしまった場合は、キズの原因を作ってしまう前にご相談ください。

お手入れ・保管についての注意
※門型の自動洗車機による洗車は行わないで下さい。
※クリーナー入りのワックス、研磨剤入りのコンパウンドをご使用しないで下さい。
※車が汚れたままの、水拭き、空拭きは行なわないで下さい。
※洗車ブラシを使っての洗車作業は行なわないで下さい。
※木の下や、線路付近の駐車はなるべく避けて下さい
※海辺や雪道の走行後、長時間放置せず早めにお手入れして下さい
※シャンプーをスプレーした状態で放置しないで下さい。必ず水をかけて泡が残らないようにし、すぐに拭取って下さい。
※炎天下での洗車は避けて下さい。
※地下水のご使用は、ボディにシミを作る要因になります。上水道のご使用をお奨めします。
カービューティー リファイン  〒406-0042 山梨県笛吹市石和町今井196-3 / TEL・FAX:055-261-0080 / mail:info@cb-refine.com
Copyright © Car Beauty Refine All Rights Reserved.